ドコモのスマホのバッテリー交換とバッテリーを長持ちさせる方法とは?

今までドコモ(Docomo)のスマホを使い続けて、約2年が経ちました。

バッテリーの持ちがすごく悪くなり、午前中にメールを作成したり、何か検索していると、半分ぐらい消耗してしまい、今は一日持たない感じです。

そろそろ、機種変更してもいいのでは?と言われるけど、電話機自体はまだ、キズも入ってなくてきれいだし、使い勝手の部分でも、全く困っていることもないんですよね。

なので、まだ機種変更しようという気にもなりませんが、バッテリーの問題をどうしようかと悩んでいました。

スポンサーリンク



ドコモ(Docomo)のスマホのバッテリー交換は?

ある日、以前にドコモのガラケーを使っていた時に、2年経つと無料でバッテリーパックがもらえるというサービスがあったのを思い出しました。

そこで、スマホでもあるのかな?と思って、ドコモショップに聞いてみました

  ドコモプレミアクラブのアフターサービスとして、プレミアムステージ以上なら、2年以上利用していると、1000ポイントで交換してくれます。

以前は1500ポイントでの交換だった気がしますが、少し改定されて1000ポイントで交換してくれるなら、新しいバッテリーに交換してもらおうと思います。

スポンサーリンク



スマホのバッテリーを長持ちさせる方法とは?

バッテリーが長持ちしない原因は、やってはいけないことをやっているからだそうです。

携帯やスマホのバッテリーって、パソコンなどに使われているのと同じリチウムイオン電池なので、電池が完全になくなる前に充電してもいいかと聞いてみました。

しかし、継ぎ足し充電がOKということは、毎日その都度やってもいいという解釈を私はしてましたが、やっぱりそれはNGでした。

 

一番ダメなのは?
常に満充電状態で、深放電や深充電をすること、高温状態にすることです。

  つまり、あまり電池が減ってなくても、常に充電するのはダメ。

  また、使い切ってから充電するというのもダメ。

一番いい充電状態というのが、10~80%の充電の状態らしいのですが、それってちょっと難しいなって思いました。

  要するに、適度に使って、こまめに充電するのが良いみたいですね。

docomo

 

あと、高温状態というのがすごく気になりますよね。

私のスマホも、最近、メールを作成しているだけでも、スマホ自体がすごく熱を持つことがあります。

その原因の1つは、スマホにカバーを付けることで、放熱障害を起こしていることがあるそうです。

  なので、バッテリーを充電している間ぐらいは、カバーを取り外して充電するようにすると、余計な高温にならずに済むそうです。

充電の度にカバーをいちいち外すのが面倒くさい気もしますが、少しでもバッテリーを長持ちさせるためには、仕方ないのかも知れませんね。

私は、普段使っている時でもスマホが熱いと感じたら、最近は外すようにしています。

今のバッテリーは、もう充電しても容量が少ない状態になってるようなので、ドコモショップで新しいバッテリーに交換してもらったら、少しでも長持ちさせるように意識していこうと思っています。

 

 一緒に読むと参考になる情報!

>> アイフォンとアンドロイドの違いを比較!機種変更はどっちがいい?

スポンサーリンク


 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください