若い女性でも加齢臭がする原因と対策とは?一体どんな臭い?

加齢臭というと、中高年のオジサンをイメージしますよね。

でも、先日会社の若い女性同僚から、最近自分の加齢臭で悩んでいることを相談され、正直驚きました。

若い女性と加齢臭なんていう言葉がピントこないかも知れませんが、実は若い女性でも加齢臭が発生するんです。

そこで今回は、若い女性の加齢臭の原因や臭い、加齢臭対策についてご紹介しますね。

Sponsored Link


若い女性でも加齢臭がする原因とは?

女性の加齢臭

女性にとって、自分の体から変な臭いがするって
一番ストレスですよね。

他人の臭いも嫌ですが、自分がまさか臭いの元だなんて思うとゾッとします。

でも、最近は10代や20代の若い女性でも加齢臭が発生する場合があるんです。

若い女性の加齢臭の原因って一体何だと思いますか?

それはノネナールという物質です。

あまり聞きなれない言葉ですが、活性酸素と関わりのある物質なんです。

 

活性酸素はよく耳にする言葉ですよね。

身体にとって必要な物質ではあるのですが、多すぎるとまたこれが問題なんですけどね。

実は、活性酸素には身体をさびさせる働きがあります。

  その活性酸素が身体に蓄積されると身体がさび、加齢臭が発生するということになるのです。

なので、加齢臭を放たないためには、この活性酸素を減らさなければいけません。

そんな活性酸素が発生する大きな原因は、ストレスや睡眠不足、過労、日常の食生活からきていると言われています。

 

女性の加齢臭ってどんな臭い?

では、若い女性の加齢臭って一体どんな臭いがするのでしょう。

一般的に言われている女性の加齢臭の臭いは・・・。

・皮脂の脂っぽい臭い

・お風呂に入らなかった時のようなすえた臭い

・長い間洗濯していない洋服のような臭い

・図書館や古本屋などの古い本の臭い

・青チーズの臭い

・酢のようなすっぱい臭い

などです。

あまり想像したくないですが、何となくその臭いって想像できますよね。

もし、こんな臭いが自分が出ていると思うと、すごくショックですが・・・

 

特に若い女性であれば、これは深刻な悩みですよね。

そして、臭いが発生しやすい場所です。

首の周りや耳の後ろ、背中、胸元、脇の下、小鼻の横、足の裏など。

身体には加齢臭を放つ皮脂腺がたくさんあるんですよ。

 

女性の加齢臭対策には何が良い?

そんな女性の加齢臭対策について紹介していきましょう。

加齢臭対策には、普段の食事が一番重要です

加齢臭の原因であるノネナールの発生を防ぐためには、脂質を酸化させない抗酸化作用のある食べ物を摂るようにしましょう。

そして、活性酸素を減らしてくれるビタミンCやEが豊富な野菜や果物も摂りましょう。

また、食物繊維の多い食べ物もおすすめです。

  つまり、肉よりも魚や野菜中心の和食中心の食生活にした方がいいということです。

肉や乳製品、揚げ物や添加物の多い加工食品はなるべく避けるようにしましょう。

 

また、加齢臭対策には生活習慣を見直すことも必要です。

過食や偏食、飲酒、睡眠不足、ストレスやイライラを感じる不規則な生活などですね。

当てはまるものがある場合は、少しでも規則正しい生活へ戻していきましょう。

 

まとめ

若い女性でも加齢臭が発生する場合もあるなんて、すごくショックなことですよね。

加齢臭の原因は、ノネナールと活性酸素が深く関わっていて、活性酸素が蓄積すると加齢臭が発生します。

そして、活性酸素が発生するの原因は不規則な生活にあるということです。

なので、会社の若い女性同僚に生活習慣について色々聞いてみると、なるほどなと思い当たるところがたくさんありました。

加齢臭という言葉の通り、年齢とともに臭いが出てしまうのは避けなれないことかもしれません。

まずは、生活習慣を見直すところから始めていきましょう。

年を重ねても、加齢臭なんて感じない女性でいられるようにしましょうね。

Sponsored Link


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください