洋服の染み抜き方法!汗ジミや黄ばみ、ボールペンのインクのシミ取りは・・・

肌寒くなってきたので、いよいよトレンチコートの出番かなと思って出してみました。

すると、すごくショックなことに、コートの襟周りが汗シミのせいか黄色く変色していたんです。

そう言えば、春先まで着ていたので、クリーニングに出すのを忘れていました。

それに、クリーニングに出しても、普通のドライクリーニングでは時間が経ってしまったシミは取れない場合があるんです。

そこで、洋服の汗ジミや黄ばみの落とし方、ボールペンのインクの染み抜き方法などをご紹介します。

スポンサーリンク



家で簡単にできる洋服の染み抜き方法

 まず最初に確認することは、漂白剤を使っても色落ちするような素材ではないことです。

色落ちしてしまう素材だと、せっかくの洋服がダメになる可能性がありますので、それはクリーニングに出すことをおすすめします。

用意するのものは?
・中性洗剤
・水
・割り箸
・ガーゼ
・輪ゴム
・コップ
 割り箸の先にガーゼを巻き付け、輪ゴムで止めておきます。

 コップに水を入れて、中性洗剤を入れて混ぜます。

 中性洗剤は市販の食器洗い洗剤で構いません。

 割り箸の先に付けたガーゼ部分に洗剤につけ、襟周りの汗ジミや黄ばんでいる部分を叩くようにして、油分を取り除いていきます。

 その後、水ですすいで洗剤分を洗い流していきます。

この時点で、油分は取れても、まだ黄ばみは取れてないので、ここから漂白していきます。

 漂白剤は、塩素系や還元系の漂白剤は避けるようにしてください。

スプレータイプのものが使いやすいので、「花王のワイドハイターEXパワー ガンンコなシミ用」がおすすめです。

 

 このワイドハイターEXパワーを、黄ばんでいる部分にスプレーして拭きかけていきます。

 その後は、洗面器に水を入れて、手もみ洗いをします。

このようにして、私は洋服の染み抜きをやっています。

 

シャツやブラウスなどの頑固な汗ジミや黄ばみの落とし方

上記の  のように、ワイドハイターEXパワーを拭きかけ、もみ洗いした上で、洗濯機に入れて洗濯すると、ほぼ完璧にキレイになります。

洋服の素材によっては、完全には汗ジミや黄ばみが消えないこともありますが、目立たないくらいは薄くなります。

 ただし、コートは洗濯機で洗うわけにはいかないので、その部分だけをさらに手洗いで、もむようにして洗うと良いですよ。

ワイドハイターEXパワー 楽天で見る

 

 ここで注意してほしいことが一つあります。

このワイドハイターEXパワーもそうなんですが、酵素系の洗剤や漂白剤は熱湯を使ったらダメだと言うことです。

その理由は、酵素は生きているものですから、熱湯を使うとその酵素が死んでしまうからなんです

酵素の力で汚れを落とすということは、生きている酵素(タンパク質分解酵素)が汚れを分解するから繊維の奥につまった汚れも落とすことができます。

しかし、その酵素も80度以上の熱湯で死んでしまい、さらにタンパク質も熱で固まる性質があるので、逆に汚れが落ちにくくなってしまうんです。

なので、酵素入り洗剤や漂白剤には熱湯は絶対に使わないでくださいね。

スポンサーリンク



洋服に付いたボールペンのインクの染み抜き方法

ボールペンのインクって油性ですから、シミが付いたら簡単には落ちてはくれません。

 でも、シャツやブラウスなどに付いたボールペンのインクの染みは、マニキュアの除光液(プロピレングリコール含有)を使うとキレイに染み抜きできるんですよ。

  まず、タオルを1枚用意して、その上にインクの染みが付いた部分のシャツやブラウスを裏向けてのせ、そこに除光液を少したらします。

 そして、もう1枚別のタオルで、除光液をたらしたシャツやブラウスの生地の裏側をトントンと叩くようにします。

すると、シャツやブラウスに付いたインクが溶け出して、下に敷いたタオルに次第に移っていきます。

 これを何度か繰り返し、下に敷いたタオルにインクが付かないようになるまで繰り返します。

 最後は、普通に洗濯機に入れて洗濯したら、インクの染みはキレイに取れていますよ。

 ただし、ボールペンのインクの染みは、時間が経つと落ちにくくなるので、付いた時に直ぐやるのが一番効果的です。

 

まとめ

衣類の素材によっては、このような染み抜き方法でも取れない場合もあります。

  基本的には、家で洗濯できないような洋服や大切な洋服は、家で染み抜きしないで、クリーニングに出す方が無難です。

なぜなら、染み抜き処理をする時に水を使うため、輪ジミができてしまうこともあるからです。

それに脱色でもしたら、せっかくの大切な洋服も台無しですからね。

なので、今回の染み抜き方法は、シャツやブラウスぐらいであれば、試してもいいかなと思います。

私は大胆にも、この方法でコートの染み抜きにチャレンジして成功しましたが、生地によると思いますので、やる場合は自己責任でやってみてくださいね。

スポンサーリンク


 

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.