飛行機の中でミルクを飲ませるとき水筒の持ち込みはOKなの?お湯はあるの?

水筒

小さい赤ちゃんと一緒に飛行機に乗らなければならない場合、気になること、心配になることはたくさんあると思います。

そして、その中でも特に心配なことと言えば、ミルクのことではないでしょうか。

そこで今回は、飛行機内では水筒の持ち込みは大丈夫なのか、お湯は用意されているのかなど、気になることをまとめていきたいと思います。

特に初めて乗るという人は不安がいっぱいだと思いますので、是非読んで参考にしてもらえればと思っています。

Sponsored Link


飛行機でミルクを飲ませるとき水筒の持ち込みは大丈夫なの?

 

 飛行機の中で乳児にミルクを飲ませるときに、水筒の持ち込みは大丈夫なのかどうかという問題については、国内線か国際線かによって結論が異なります

 まず、国内線の場合であれば、飛行機の中でミルクを飲ませるときの水筒の持ち込みは基本的には問題はなく、中身が入っていても大丈夫です。

日本国内の場合であれば、危険物でない限りは液体の規制は一切ないため、問題はなく、もちろん哺乳瓶なども認められます。

 

 では次に、国際線の場合であれば、飛行機の中でミルクを飲ませるときに水筒の持ち込みは可能ですが、中身はカラにしておく必要があります

国際線の場合は非常にルールが厳しく、液体であれば100ミリリットル以内の入れ物に入れる必要があります。

さらに、1リットルまでの透明でしっかりと密封できる袋などに入れなければならないというルールがあります。

 ですから、普通に考えて100ミリリットル以内の水筒はあるはずもなく、中身が空っぽなら問題はないのですが、たとえ中身が100ミリリットル以内であっても、入っているのであれば認められません。

チェックも厳しく、中身はもちろん見られますし、臭いもかがれます。

そのため、いちいちチェックされるのがめんどくさいと思われる方は、持っていかないほうが楽だと思います。

ちなみに、中身がすぐに見ることができる透明な哺乳瓶であれば、持っていってもカラであればチャックも早く終わります。

国際線の場合は十分注意して、余計なトラブルに巻き込まれないよう気を付けてくださいね。

Sponsored Link


飛行機でミルクを飲ませるときお湯はどうしたらいいの?

 

 飛行機の中でミルクを作る必要があるとき、お湯はどうしたらいいのかという問題ですが、基本的には飛行機に常備されていますので安心してください。

ミルクを作る必要があるときは、キャビンアテンダントさんにお願いをすれば、お湯は用意してくれます。

 ですが、いつでも欲しいタイミング、必要なタイミングで出てくるのかと言えば、残念ながら必ずしもそうであるとは言い切ることができません。

キャビンアテンダントさんも忙しいので、すぐに声をかけることができない場合もあります。

また、他の方も当然使うので、ちょうどほしい時になくなってしまったという場合も考えられます。

また、離陸する直前でしたら、まだ沸騰していないなんてことも可能性としては十分ありえる話です。

ましてやシートベルト着用のサインがついている間は、当然キャビンアテンダントさんも席を立つことができませんので、その間の対応は不可能になってしまいます。

 そのため、飛行機の中でミルクが必要だという場合、国内線であれば、ある程度は魔法瓶などにお湯を入れて持ち込んだほうが無難だと言えます。

そうすれば、すぐに声がかけられない時も、まだ沸騰していないときも、乳児がほしいタイミングで、あげることができますので、ぐずりのリスク回避になるでしょう。

ただし、国際線の場合には第一章で説明したとおり、液体の持ち込みが非常に厳しいため、そういうわけにはいきません。

運任せになってしまう部分はありますが、早めにキャビンアテンダントさんに声かけをするようにしてくださいね。

 

まとめ

飛行機の中で乳児にミルクを飲ませる必要があるとき、水筒の持ち込みが可能かどうかは、国内線なのか国際線なのかによって結論が異なります。

国内線は基本的には中身が入っていても大丈夫ですが、国際線の場合は中身が入っていると不可になってしまいます。

ですが、基本的にお湯は用意してくれるので安心をしてください。

もちろん状況によって、必要なときにすぐに用意してもらえない可能性はありますので、早めに声かけをしておくということを心がけましょう。

Sponsored Link


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください