コンタクトレンズやピアスを落とした時の効率的な探し方とは?

コンタクトレンズピアスって、うっかり落としてしまうことがありますよね。

外出先だと落とさないように気を付けているので、めったに落とすことはありません。

でも、自宅に帰ってきたらホッと気が緩んでしまい、ついなくしてしまって大慌てしてしまいます。

そこで今回は、自宅でコンタクトレンズやピアスをなくした時に効率的に探す方法と、私の体験談などについてご紹介します。

スポンサーリンク



コンタクトレンズやピアスを落とした時の効率的な探し方

コンタクトレンズ 落とした 探し方

自宅でコンタクトレンズやピアスをなくした時は、まずは慌てないことです。

慌ててそこら中を歩き回ったり、床に這いつくばって探したりすると、うっかり踏んづけて壊してしまっては元も子もありません

 

 そこで、なくしたコンタクトレンズやピアスを効率的に探すには、便利な道具があります。

それは、掃除機です。

え!?そんなの知ってるよ!って思ったからも知れませんね。

 でも、ただ単に掃除機を使うわけではありません。

 まず最初に、コンタクトレンズやピアスが落ちた付近に目星をつけます。

そこを重点的に掃除機を使って見つけようというわけです。

しかし、そのまま掃除機で吸い込むとホコリと一緒に混ざってしまって、探しにくくなります。

 そこで、掃除機のホースの先端に使い古しのストッキングをかぶせます。

 そのままだと、ストッキングが掃除機に吸い込まれてしまったり、取れたりするので輪ゴムで固定します。

 こうすることで、ストッキングの網目にコンタクトレンズやピアスが引っかかるので、簡単で効率的に見つけることができます。

もしも、使い古しのストッキングがない場合は、台所用の生ゴミ入れのネットでも構いません

スポンサーリンク



コンタクトレンズを排水口に落としてしまった体験談

わたしは以前に、ファミリーレストランのお手洗いの洗面台にコンタクトレンズを落とした経験があります

すぐに探したんですが、どうやら洗面台の排水口に中に落ちてしまったみたいなんです。

店員さんに事情を説明したところ、前にも何度かそんなことがあったそうなんです。

そして、その店員さんは慣れた手つきで掃除機を持ってくると、その先に台所用の生ゴミネットを付け始めました。

 どうするんだろう?って不安な気持ちで見ていたら、それを排水口の上から差し込んで、あっという間に落ちたコンタクトレンズを吸い取ってくれました。

そんな方法があったんだ!って感心してしまいました。

 

まとめ

今回は、自宅でコンタクトレンズやピアスをなくした時に効率的に探す方法をご紹介しました。

また、わたしがファミリーレストランの洗面台の排水口にコンタクトレンズを落とした時の体験談についてもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク


 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください