風邪の引き始めの対処法!風邪かな?と思ったら早めの対策を。

今年は予想外にあまり残暑も厳しくなくて、一気に冷える日が多くなって来ましたね。

そのためか、私の周りには風邪を引いている人も多く、ゴホゴホされると、うつりそうでやめて~って思ってしまいます。

風邪の引き始め

そんな環境に仕方なくいるので、自分で注意して予防したり、対処していくしかありません。

でも、最近ちょっと喉が痛くなったり、鼻水が出始めているので、これは風邪の症状じゃないかと疑っています。

私の場合、風邪を引くと集中力がなくなってしまい、頭もぼーっとして、体がダルくてしんどくなるので辛いです。

しかし、どれだけ自分で予防し用心していても、引いてしまう時があります。

そんな時は、風邪は引き始めの時の対策が一番大事だなっていつも思っているので、私がやっている対処法をご紹介します。

Sponsored Link






私の風邪の引き始めの対処法

  私は、鼻がむずむずし出したり、アレルギーのような症状の時など、ちょっと様子がおかしいなと思ったら、早めに市販の風邪薬とビタミンCを飲むようにしています。

風邪とアレルギーの症状って似てるから、どちらかわらかない時がありますが、そんな時でも効果があるので、ずいぶん助かっています。

  あとは、「風邪は寝て治す」という言葉もあるように、風邪かな?と思ったら睡眠をたっぷり取って体を休めることも大切だと思います。

  寝ている間にのどが乾燥してしまうのもよくないので、枕元にマグカップにお湯を入れて置いたり、濡れたタオルを部屋の中に掛けておくようにするなどの部屋の乾燥対策もおすすめです。

さらに、ラベンダーオイルなどの、ぐっすりと眠れるアロマオイルをマグカップの中に入れると香りで落ち着いて、ぐっすりと眠れる感じがします。

  ただし、鼻がつまっている時には、ユーカリやペパーミントオイルが効果的なんだけど、寝る時に入れると眠れなくなるので注意してくださいね。

  そして、もう一つ心がけていることは、お風呂にゆっくりと浸かって、汗を出すことです。

風邪の引き始めは若干熱っぽい感じがするので、少し熱めのお湯に浸かりながら、汗で熱っぽさを追い出すようにしています。

お風呂で体を温めると血行が促進されて、自然治癒力も向上するみたいなので、体を温めることはすごくいいみたいです。

また、風邪のウイルスは熱に弱いみたいだから、温めることでウイルスの排除にもなるのかも知れませんね。

  ただ注意することは、お風呂上りに湯冷めしないことと、お風呂上りや寝る前の水分補給を忘れずにしっかり摂ることです。

水分補給は、体が脱水症状にならないためと、喉の保湿効果もあるので大切ですよ。

ミネラルウォーターでも良いですが、私はミネラル分なども補えるポカリスエットなどのスポーツドリンクを飲んでいます。

本格的な風邪の場合の対処法

こんな風に、風邪の引き始めの場合なら、こうすることで私の場合はほとんど一日で治ってしまいます。

  ただし、熱が高くなっって咳が止まらなくなったり、喉が痛くなったりするなど、がっつり風邪の症状が出てたら、もう市販の風邪薬などではあまり効き目がない感じですね。

よくテレビのCMとかでも、風邪は引き始めが肝心っていう言葉を耳にしますが、病院のお医者さんにも、市販の風邪薬は引き始めぐらいしか効かないというふうに聞きました。

  それに、高熱で体がフラフラしているような状態で、お風呂に入るなんてことも逆効果になってしまいますので止めておいた方がいいです。

本格的に風邪を引いてしまった場合は、やはり病院に行って診てもらうのが一番です。

なので、私のやり方はあくまで初期段階での対処法だと思ってくださいね。

Sponsored Link





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください