日傘でUVカット100の遮光効果はどれくらい?選び方で注意する点は?

外出する際のマストアイテムとして日傘を差していたのですが、それでも私の場合、日焼けは避けられず・・・

なので、日傘の効果ってどれくらいあるんだろう?と思っていました。

一度、遮光日傘を愛用している友人にその効果と本当に涼しくなるのかどうかなど、色々聞いてみました。

彼女は日差しが強い日だけではなく、日頃からずっと遮光日傘を差していました。

夏でもお肌が白く、日焼けすることなく、どういうものを使っているのか聞いてみたんです。

遮光日傘というものが、本当に日焼け対策に有効なのか?

また、UVカット100%なんていうものもありますが、どれぐらいの遮光効果があるのか?

日傘を差すことで紫外線はどれぐらい防ぐことができるのか?

など、その良さをたくさん教えてもらい、その魅力に「私も絶対に遮光日傘を買いに行こう」って強く思いました。

そこで、今回は遮光日傘の効果や選ぶ時に注意する点などについてご紹介します。

スポンサーリンク



日傘でUVカット100の遮光効果はどれくらい?

紫外線がきつくなる季節、女性にとっては日焼け防止対策が必須になってきます。

特にUV-A波といのは、お肌の奥まで到達し、シミやしわの原因になるので、お肌へのダメージが本当に怖いです。

メイクする時もUV効果の高い化粧下地やファンデーションを使用し、外出する前には腕やデコルテなどに日焼け止めを塗ることは欠かせません。

遮光日傘

そこで、UVカット100%の日傘を差すと、どれぐらいの遮光効果があるのか?が一番気になるところですよね。

100%カットなんて本当に可能なのかな?と友人も最初は感じたみたいです。

UVカット99%という表示があれば、紫外線も遮光効果も十分という感覚になりますしね。

 

しかし、たった1%の差とはいえ、遮光効果にはっきりとした差がでるんです。

真夏の晴れた日の太陽光にUVカット99%と100%の日傘で手をかざすとどうなると思います?

100%のものはさすが完全遮光で、手の形は見ません。

でも、99%のものだとうっすらと手の形が透けているのがわかるんです。

  つまり、完全遮光したいのであれば、UVカット100%のものがいいということがわかります。

反対にUVカット99%の日傘を差していたら、完全には紫外線はカットできていないということです。

遮光日傘は涼しいって本当?

日傘を差していても、熱さを避けることはできないですよね。

傘を差すことで、反対に風通しが悪くなるような気がして、熱さという意味では、差していない方が涼しいと感じる時もあります。

でも、遮光日傘は涼しいと言われてるので、本当かどうか友人にも聞きました。

涼しさの秘密はここにありました。

太陽光には、紫外線だけではなく、赤外線や可視光線と言われるものがあります。

この赤外線と可視光線が当たると熱に変わり、熱さを感じるようになるのです。

熱さの原因となる赤外線の可視光線を100%カットする遮光日傘なら、傘の下でも涼しくて快適です。

多くの日傘は、紫外線カットする機能はあっても、なかなか紫外線や可視光線カットなんていうものはありませんからね。

遮光日傘の場合は、太陽光を完全に遮光することができ、涼しくなるというのも魅力のひとつです。

遮光日傘の選び方で注意する点は?

最後は、遮光日傘の選び方の注意点です。

遮光日傘だったら何でもいのかと思うと、実はそうではないんです。

遮光率100%と書かれていても、紫外線を100%カットできるわけではないのです。

  遮光率とUVカット率が100%になっているものを選んでください

スポンサーリンク



そして、傘の色でも効果に違いが出てきます

外側の色を頭に浮かべると思いますが、実は内側の色が重要なんです。

内側の色が白いのと黒いのでは、効果が大きく違ってきます。

完全遮光100%の日傘は、外側からの光と紫外線は100%カットすることができます。
でも、地面からの照り返しは避けることができません。

内側が白い方が明るくて好きなのですが、白いのは内側で乱反射してしまい、残念ながら地面からの照り返しを遮ることができないのです。

その点、黒いのは地面からの照り返しも吸収してくれるので、完全遮光状態です。

  遮光日傘を選ぶ時は、内側の色にも注意してください。

ちなみに、友人がおすすめしてくれた遮光日傘のブランドは、芦屋ロサブランとサンバリアでしたよ。

まとめ

今まで単にUVカットと書かれていることに安心して、その日傘を差していました。

でも、UVカット100%の遮光効果のある日傘とではこんなに違いがあるのかと、私自身も気づかされました。

UVカット100%で、日焼けを防止できるだけでなく、この先増やしたくないお肌のシミやしわの原因を完全にストップしてくれます。

赤外線や可視光線もカットしてくれるので、夏の暑い日でも涼しいというのも嬉しいですよね。

普通の日傘に比べて、値段も8,000円~12,000円ぐらいと少し高価ですが、その価値は十分にあると思います。

高価な美白美容液やエステへ通い続けるのも効果的だと思いますが、良い日傘を1本持っておくのもいいと思います。

遮光日傘を選ぶ時は、UVカット100%と書かれているものであるということと、内側が黒いものを選ぶというをお忘れなく。

スポンサーリンク


 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください