東京マラソンの応募時期はいつから?応募方法はどうしたらいい?

テレビで東京マラソンの盛り上がっている様子などを見ていると、私も一度参加してみたいな、なんて思われる方も多いのではないでしょうか。

マラソンレースではありますが、お祭り的な感じもして、すごく楽しそうですよね。

でも、実は東京マラソンに参加するには、その前にエントリー申込みなどの手続きが大変なんですよ。

そこで今回は、東京マラソンの応募時期はいつからなのか応募方法はどうしたらいいのか東京マラソンのコースなどについて紹介していきましょう。

Sponsored Link


東京マラソンの応募時期はいつからなのか?

毎年、応募者がどんどん増えているという東京マラソンは、ランナーにとって人気がありますよね。

東京マラソン2017では、すでにエントリー応募者が多数のため抽選倍率が12倍を超えているというのですから、すごいです。

 

東京マラソン2017は、2017年2月26日(日)に開催されます。

東京マラソンの応募時期ですが、2017年の東京マラソンのエントリーはすでに応募が終了してしまいました。

ONE TOKYOプレミアムメンバーが対象の先行エントリー応募期間は、2016年7月1日~7月31日まで

一般ランナーのエントリー応募期間は、2016年8月1日(月)10:00~8月31日(水)17:00までなんです。

 毎年8月が応募時期ですから、次回の東京マラソンにエントリーしたいと思っている方は、マラソン開催の半年前の8月と覚えておきましょう。

 

それにしても、東京マラソンの場合はかなり早い段階で一般ランナーのエントリー受付があるんですよね。

うっかりしていると、忘れてしまいそうです。

チャリティランナーの場合だと、さらに早い7月1日が申込受付開始で、11月13日に申込受付の終了となっています。

ただし、寄付者は2016年の3月31日まで受付ていますが、今回は寄付者が多くてその分の受付も11月の上旬で終了しましたね。

 

東京マラソンのコース TOKYO MARATHON Course

東京都庁(スタート) ⇒ 飯田橋 ⇒ 皇居前 ⇒ 日比谷 ⇒ 品川 ⇒ 銀座 ⇒ 日本橋 ⇒ 浅草雷門 ⇒ 築地 ⇒ 豊洲 ⇒ 東京ビッグサイト(ゴール)

 

  スタート地点~10キロ地点まで

 

  10キロ地点~20キロ地点まで

 

  20キロ地点~30キロ地点まで

 

  30キロ地点~40キロ地点まで

 

  40キロ地点~ゴール地点まで

 

 

  ちなみに、東京マラソンで10キロとフルマラソンのスタート時間は午前9時10分で、終了は10キロが午前10時50分、フルマラソンが午後4時10分までとなっています。

また、マラソンの制限時間は、7時間です

Sponsored Link


東京マラソンの応募方法はどうしたらいいのか?

東京マラソンに一般ランナーとして参加したい場合の応募方法は、インターネットか携帯電話サイトからの申し込みになります。

 

パソコン、スマートフォンからの場合

東京マラソン2017 公式サイト

携帯電話からの場合

東京マラソン2017 公式サイト

ただし、2017年の東京マラソンのエントリー参加申込みの受付は、2016年8月31日で終了しています

 

応募申込みがスタートする8月1日には、すでに定員になってしまうという勢いです。

なので、抽選結果で当選した方は、参加できるということはかなりの倍率で当たっているということなんですよ。

では、東京マラソンの一般枠での抽選倍率が一体どれくらいのものかというと…。

2010年:8.50倍

2011年:9.20倍

2012年:9.66倍

2013年:10.29倍

2014年:10.30倍

2015年:10.7倍

2016年:11.3倍

2017年は、12.19倍でした。

 

このように抽選倍率の結果を見ていると、年々増えていっていることがわかりますよね。

この調子では、今後もどんどん倍率が上がるばかりかもしれません。

つまり、東京マラソンでは、レースで走る前にすでに競争が始まっているということなんですよ。

抽選に勝ち抜くことだけでも、至難の業ですからね。

一般ランナーとして当選して参加できるというのは、それだけでも運の良い人ってことになりますね。

 

 あと、東京マラソン2017にインターネットからエントリー申込受付をすると、陸上協議会の登録番号を入力する欄がありますが、ここは空欄で構いません。

なぜなら、東京マラソンに参加エントリーするのに陸上協議会に入る必要はないからです。

それに、間違えて東京陸上協議会に登録して、東京マラソンの申込受付で落選してしまった場合は、せっかくの登録料が無駄になってしまいますからね。

 

 一緒に読むと参考になる情報!

>> 東京マラソンに参加するための裏技とは?参加費用はどれくらい?

Sponsored Link


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください