七五三のお祝いの金額やお祝儀袋の表書き、贈る時期などは?

七五三について、意外に知らないことばかりで、こういうのってどうしたらいいんだろう?と思うことがいくつかありました。

常識として知っておかなければいけないのかもしれないけど、なかなかこういうのって馴染みがなく、知らないものだな~って思います。

七五三のお祝い
今さらちょっと恥ずかしくて人に聞くこともできず、しかも、自分の親戚のお祝いとなると、余計に誰に聞いたらいいのかわからなくて、困りますよね。

もし、甥っ子や姪っ子が七五三を迎える時、お祝いしたいなと思うのだけど、何を送ればいいのか?、また、お金を贈るとしたらどれくらいが相場なのかわからず、あちこち調べたのを覚えています。

そんな経験をされた方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

Sponsored Link






七五三のお祝いで金額はどのくらいが相場なの?

七五三は基本的には内輪のお祝いですので、お祝いを贈るのは身内や親しい方の範囲。

なので、お祝いとしてお金を贈るとしたら、自分の甥っ子や姪っ子の場合だと、5000円~10000円が相場です。

  深い付き合いのある知人のお子さんなどの場合だと、3000円~5000円が相場ですね。

七五三のお祝儀袋の表書きは何って書くの?

御祝、七五三御祝、祝七五三などが一般的ですが、祝御髪置(三歳)、祝御袴着(五歳)、祝御帯解(七歳)が正式な表書きだそうです。

正式な表書きを書く方は今では少ないそうで、時代の流れもあるのでしょうか、一般的な表書きをお祝儀袋に書くのが通常は多いそうですよ。

七五三のお祝いを贈る時期は?

贈る時期としては、11月初旬~15日頃に送るか、親戚で集まる機会があるなら、直接渡すのが良いそうです。

七五三のお祝いについてのまとめ

七五三のお祝いは、お金以外に何かプレゼントを贈るという方法もあります。

もっとも何をプレゼントしたらいいのかはまた悩むところですが、何が欲しいかは直接親御さんに聞くのが一番間違いがないかも知れませんね。

  特に、七五三のお祝いとして人気のあるものは、図書カードや文房具類、おもちゃ、洋服などが多いそうですよ。

個人的には、3歳のお子さんだったら、絵本なんかいいなと思ったりします。

絵本って意外に高いので、自分ではなかなか買わないけど、いただくと嬉しいものですからね。

  遠方に住んでいて、あまり親戚付き合いのないような場合は、特にお祝いを贈る必要もないのかな、なんて思います。

急にお祝いが贈られてきても逆に先方としても驚くだろうし、親戚でもあくまでも近しい場合だけで良いのではないでしょうか。

子どもの成長をお祝いするという気持ちが一番大切ですから、七五三のお祝いはそこまで形式ばったものでもないのかなと思いますね。

Sponsored Link