大地震の前兆現象や予兆、地震による気象の変化とは?

大地震が起きる前は、その前兆となる現象があるとよく聞きますよね。

実際、2011年3月11日に発生した東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)や、1995年1月17日に発生した阪神淡路大震災でも、その前兆と思われるような小さな地震が続けて起きていたり、地鳴りや発光現象を目撃したとの証言もあります。

近い将来、必ず起こると言われているのが南海トラフ巨大地震です。

その地震の規模は、東日本大震災の10倍以上で、その地震や津波による犠牲者は最大で32万人以上とも言われています。

しかし、そんな最大規模の地震でも、その前兆となる現象や予兆、気象の変化などを見逃さず捉え、情報として速報を発信する事ができれば、安全な場所に避難することができるかも知れません。

だとしたら、犠牲者の数ももっと少なくて済むのではないでしょうか。

そこで、大地震が起きる前には、どんな現象や気象の変化などがあったのかをご紹介します。
「大地震の前兆現象や予兆、地震による気象の変化とは?」の続きを読む…