京都紅葉のおすすめライトアップとお気に入りコース巡り。

秋の季節の京都の紅葉はすごく美しいけど、もう一つの楽しみ方が今はあるんだよね。

寺院などの紅葉スポットのライトアップ

昼間とはまた違って、すごく幻想的な世界で本当にステキ。

紅葉されて赤や橙色の木々がライトアップされ、夜の暗い景色の中にすごく映える。

暗いのでより際立つ感じがするのかも。

 ライトアップは早いところであれば、10月末頃から始まり、12月上旬まで楽しむことができそうだよ。

葉が散り始めて、紅葉が終わりかけていても、こうしてライトアップしてくれると、見どころも満載だよね。

日中だけでなく、夜も楽しめるというのがいいよね。

都会の夜景もきれいだけど、京都の古い建物と紅葉のコラボはまた一味違って、きれいだなって思う。

池のある寺院だと、水面に写り込む紅葉がまた、すごくきれいなんだよね。

「京都紅葉のおすすめライトアップとお気に入りコース巡り。」の続きを読む…

東京の都会の真ん中にもこんな紅葉スポットがあるんだね。

紅葉を見に行くと言えば、関西では京都が真っ先に頭に浮かんでくる。

山がある都道府県はわかるんだけど、東京って紅葉のイメージが全くないよね。

でも、東京の街の中にも紅葉スポットがあるんだよね

私も友人に連れて行ってもらうまで、そんな所があるなんて知らなかった。

「東京の都会の真ん中にもこんな紅葉スポットがあるんだね。」の続きを読む…

七五三の由来と衣装や写真の予約は時期をずらすのも一つの方法。

7歳、5歳、3歳と子どもの成長を祝う七五三。

ずっと続いてきた日本の伝統的な行事だよね。

それは知っているのだけど、どうしてその年なのかという、年齢の由来については、正直あまり知らなかった。

そんなこと今まで考えたことなかったな。

もともと始まりは、徳川綱吉の長男の健康をお祝いし、1681年に始まったみたいです

「七五三の由来と衣装や写真の予約は時期をずらすのも一つの方法。」の続きを読む…

七五三の定番料理と子どもが喜ぶ料理とは?

日本には子どもの祝い事が1年にいくつかあるよね。

そして、桃の節句、ひな祭りにはちらしずしを、端午の節句、こどもの日にはちまきを、とそれぞれの行事に合わせた定番の料理というのがあるなって思う。

子どもの成長を祝う七五三が秋にあるけど、七五三の定番料理って一体何だろう?

七五三の時に何を食べたのか、自分ではもちろん覚えてません。

 ネットなどで調べてみても、特に、これというものがあがってくることもなく、決まりがあるわけでもないみたい。

どこかちょっとおしゃれなレストランやホテルでお祝いしてもいいのだけど、やはり、それはちょっと高いなと…。

それに、高級なお店へ行っても、子どが大人しくしれくれずに、他の方へも気を遣ってしまう。

滅多と行くことのないようなお店に行くと、嬉しくなってしまい、騒ぎ出してしまう可能性も大。

想像しただけで、ちょっと恐ろしい。

それなら、家でゆっくりとくつろぎながらお祝いできる方がいいななんて思います。

「七五三の定番料理と子どもが喜ぶ料理とは?」の続きを読む…

七五三の時の両親の服装って何を着たらいいのか。

秋の行事と言えば、子どもたちにとっては、11月15日の七五三があります。

七五三は、7歳、5歳、3歳の子どもたちの成長を祝う日本の行事です。

今でもずっと語り継がれている伝統的な日本の行事ですね。

3歳は男女、5歳は男の子だけ、7歳は女の子だけで、私も子ども頃に着物を着せられて行ったような記憶があります。

千歳飴を買ってもらって、嬉しかったのは覚えています。

七五三に千歳飴は欠かせないものです。

千歳飴には、親の子どもへ長寿の願いが込められていて、縁起の良い紅白の色の細長い飴になっています。

今でも千歳飴が好きで、大人になってからも、不二家の千歳飴を買って、食べる時がありますよ。

そんなことは、置いといてと。

「七五三の時の両親の服装って何を着たらいいのか。」の続きを読む…