炭水化物ダイエットの方法と効果!どれくらい続けたら痩せれるの?

炭水化物は、食事で摂取するカロリーの中の半分以上を占めているというのをご存知でしたか?

炭水化物は、主食であるご飯やパン、パスタ、ラーメン、うどん、そばなどの麺類にたくさん含まれています。

炭水化物は、摂り過ぎると血糖値が急上昇してしまいます。

食事で摂ったものが脂肪になりやすくなり、時間が経つと今度は上昇した血糖値が反対に下降し、低血糖になるようです。

そうなると、また食欲がわいてきてしまうのです。

ですので、この炭水化物の摂取を制限すれば、効率的にカロリーを制限できるのでは、と考えられたのが炭水化物ダイエットなんです。

つまり、炭水化物の摂取量を減らして痩せるという方法が炭水化物ダイエットですね。

スポンサーリンク

炭水化物ダイエットの効果とポイント

炭水化物ダイエットには、カロリーの摂取、そして、食欲を抑え、脂肪になりにくくするという効果があるようです。

炭水化物ダイエットのポイント!
炭水化物を抜くのではなく、量を減らすことことですので、そこを間違えないように注意しないといけません。

完全に抜いてしまうと栄養上に問題がありますので、例えば、ご飯の量を少なめにするなどして、摂る量を減らすようにします。

これさえ減らせば、あとはおかずや野菜を少々お腹いっぱい食べても痩せられるという、比較的簡単で続けやすいダイエット方法です。

炭水化物の摂取を控えた分のカロリーをたんぱく質(肉・魚・卵・大豆製品)などから摂ります。

主食を米なら100gぐらい(おにぎり小1個分ぐらいの量)、パンなら6枚切りの食パン1切れ(パンには何もつけない)が目安のようです。

1日自分が食べている1膳分のご飯を1とし、1食につき、いつもの1膳分の1/3に減らすだけでも十分効果はあるようですよ。

また、通常のダイエットでもそうですが、間食は避け、1日3食きちんと食べるようにしましょう。

また、夜20時以降は代謝も落ちますし、できるだけ夕食は早めに食べることをおすすめします。

 

炭水化物ダイエットを続ける期間の目安

炭水化物ダイエットは、まず最低でも2週間

炭水化物を摂る量を少なくすることで脂肪が燃焼し、効果が出始めるのが大体2週間頃からと言われています。

最低でも2週間は、そして、1ヶ月間ぐらいが目安です。

あまり長く続けても反対に体への負担が大きくなってしまいます。

1ヶ月後、急にまた今までのような食生活に戻すと、残念ながらリバウンドしてしまいますので、少しずつ食べる量を増やしていきましょう。

この1ヶ月のダイエットである程度脂肪が燃焼され、体重も減りますが、炭水化物ダイエットはダイエットの下準備的な役割と考える方がいいですよ。

 

炭水化物ダイエットのまとめ

まずは、炭水化物ダイエットで脂肪が燃焼しやすい体づくりをし、ここから筋トレや運動を継続してやっていくことで、さらに痩せる効果が出てきますよ。

このダイエットは、誰でもお手軽にできるダイエット方法ですが、補助的な役割という位置づけかもしれません、しかし、ダイエットの入口として始めてみてはいかがですか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す