アイメイクの方法!つけまつげとまつエクのメリットとデメリットとは?

メイクをする時、アイメイクをしっかりするのと、しないのとでは全然変わってきますよね。

やはり、少しでも目を大きく見せたいところです。

そこで、アイメイクの方法で、つけまつげとまつエクのメリットとデメリットを比較して、どっちがナチュラルで簡単なのかをご紹介します。

スポンサーリンク

まつエクのアイメイク方法の場合は?

  まつ毛エクステ(まつエク)は、すごくナチュラルな感じに仕上がります。

つけまつ毛はつけていると、いかにもという感じになりますし、メイクも濃い目がちです。

その点、まつエクはすごく自然ですよね。

カールや長さも自由に選ぶことができますし、一度すると3週間ぐらいは持ちます。

それに、メイクの時間が短縮できるメリットがあるし、水や汗にも強いので安心です。

  ただし、地まつ毛に専用のグルーで付けていきますので、地まつ毛と一緒に抜け落ちてしまうというデメリットもあります。

私はまだそんな経験はありませんが、一気に何本も抜けてしまった方もいるそうです。

  あと、まつエクはクレンジングする時も、これらの注意が必要です。

  まず、まつ毛エクステ部分にはあまり触れないようにそっと洗わないといけません。

  また、クレンジングはオイルフリータイプを使った方がいいです。

  寝ている時に、知らずに目をこすってしまわないように注意しましょう。

  うつ伏せで寝ないようにも注意しましょう。

  あと、まつ毛エクステ(まつエク)のデメリットは、自分ではできないのでサロンで施術することになるので、多少のお金がかかることです。

アイメイク方法でつけまつげの場合は?

  一方のつけまつ毛でアイメイクする方法では、コスト面も、つけまつ毛ならドラッグストアへ行くと、安いものであれば300円ぐらいからあります。

もちろん、長さや量の種類もたくさんあります。

まつ毛がどんな状態であっても、装着できるのでお手軽感もあります。

  また、取り外しも、コットンにお湯を含ませて目にあて、グルーをふやかすと簡単に取れるというメリットがあります。

  ただし、つけまつ毛の場合は、残念ながら、まつエクのようなナチュラル感が出ないところがデメリットです。

 

 

私のアイメイク方法

まつ毛が長くてナチュラルな人を街で見かけると、ホントに憧れます。

  私の場合は、長くはないのですが、量はある方なので、アイメイクはつけまつ毛やまつエクじゃなくて、マスカラで伸ばしています。

毎日、マスカラの下地をつけて、マスカラで伸ばして…と、結構時間をかけてアイメイクしているんです。

マスカラだと、アイメイクを落とすのさえ時間がかかります。

一時期、まつ毛エクステも考えたことがあるのですが、なかなかする勇気がありません。

なので、私の場合は、やはり最終的にマスカラに戻ってきてしまいます。

つけるのと落とすのだけが面倒なだけで、まつ毛への負担もあまりないですし、楽なので、結局はマスカラに落ち着いてしまいました。

まとめ

このように、アイメイクにも色んな方法がありますが、いずれにもメリットやデメリットがあります。

私のアイメイク方法は例外として置いておくとして、つけまつ毛とまつエクを比較した結果

  まつエクのメリットやデメリットを総合的に考えると、やはり、つけまつ毛の方が簡単で安心だと思います。

  アイメイクで少し顔のイメージを変えたい時には、ナチュラル感はまつエクよりも少し落ちますが、お手軽なつけまつ毛の方が良いかもしれないですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す