定年退職後の生き方とは?幸せに過ごすための男性や女性の趣味とは?

定年退職後の生き方

現在の定年退職は、多くの会社で60歳です。

男性にとっては、20歳そこそこで社会に出てから、やっと迎える自由な時間が定年退職後の時間です。

女性にとっては、仕事や家事から解放される自由な時間と言ってもいいでしょう。

定年を迎えてから、余命を迎えるまでの間、男性も女性も平均して、20年以上の時間が残されています。

そこで今回は、定年退職後の生き方、男性や女性に人気の趣味などについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

定年退職後の生き方と男性に人気の趣味とは?

定年退職後の生き方 男性

 

定年退職後の生き方については、50代を過ぎる頃から考える人も多いのではないでしょうか。

特に社会の荒波に揉まれ、仕事一筋で生きてきた男性にとっては、定年退職後の趣味の時間は、人生の貴重な時間であると思います。

充実した幸せな老後を迎えるためには、定年退職後の生き方について、男性に人気の趣味なども事前に知っておくことで、ある程度ライフプランも想像できるはずです。

それでは早速、定年退職後の人気の趣味について、紹介していきたいと思います。

 定年退職後にどのような生き方をするかは、まさに人それぞれです。

ですが、社会人や仕事人として厳しい時間を過ごしてきた多くの男性は、人間関係に疲れている人も多いことでしょう。

 そのため、以外かもしれませんが、定年退職後の男性の趣味で一番人気なのが、「菜園なんです。

手軽にできる家庭菜園から、少し手の込んだ貸農園まで、多くの男性が菜園に魅力を感じているようです。

 その延長で、次いで人気なのが「料理」です。

最近の若い夫婦は、共働きも当たり前、家事の分担も当たり前なので、料理を作る男性も多くいます。

しかし今、定年を迎えようとしている多くの男性は、料理経験も乏しい人が多いため、定年退職後に料理に没頭する人も多いようです。

 また、3番目に人気なのが「楽器」です。

さらに、若い頃やっていたギターに再び夢中になる人、新しい楽器に目覚める人などさまざまで、地域のイベントにバンドを組んで参加するのが楽しみな人も多いようです。

 その他の趣味としては、「マラソンやジョギング」などの運動系ですね。

全国で開催されるマラソン大会などに出場したりする、定年退職後の男性や女性も年々増えているそうです。

スポンサーリンク

定年退職後の生き方と女性に人気の趣味とは?

定年退職後の生き方 女性

 

定年退職後の生き方について、女性はどのような生き方を望むのでしょうか。

女性がしたい定年退職後の趣味は、どのようなものなのかを紹介したいと思います。

 定年退職後の生き方は、男性も女性も十人十色です。

定年退職後も仕事に励む人もいれば、定年退職後の趣味に没頭する人もいると思います。

定年退職後の生き方について、男性と女性を比べると、一般的に女性の方が、生き生きと活動している印象を受けます

 その理由は、女性のほうが、定年退職後の趣味が豊富だからではないかと考えられます。

定年退職後の女性の趣味で人気なのが、音楽やマラソン、ウォーキング、家庭菜園、家庭農園、旅行などです。

 音楽やカラオケに行くのももちろんですが、「歌謡教室やコーラスサークル」に通うのも人気があります。

仲間もできて、大きな声で歌うことで、日頃のストレス発散にもなります。

 マラソンやウォーキング」は、健康な体を作るため、ダイエットのためにも人気です。

 家庭菜園や家庭農園」は、何歳になって始めても楽しく思えます。

簡単にできる家庭菜園や本格的な農園でも、野菜が収穫できた喜び、家計の節約は嬉しい気持ちになります。

 また、「旅行やハイキング」を趣味にする女性も結構多いです。

たくさんある時間を旅行にあててリフレッシュする、旅行をするために仕事をするなど、モチベーションも高まります。

女性の定年退職後には、自分に合う趣味、楽しい趣味が見つかるといいですね。

 

まとめ

男性でも女性でも、趣味を持つことはとても大切なことだと思います。

もちろん、若い頃に趣味を持つことも大切ですが、若い頃よりも時間がとれる定年退職後にできる趣味を持つことが、何より大切です。

また、趣味を持つことは、加齢に伴うボケ防止や認知性の予防にもなります。

楽しい老後を過ごせるかどうかは、楽しい趣味に出会えるかどうかにもかかっていると言っても過言ではありません。

私は、自分自身が楽しいと思えるものであれば、趣味は何でもいいと思います。

日頃から好奇心を大切にし、素敵な趣味に出会えるといいですね。

素敵な趣味を見つけて、楽しい老後が過ごせるように願っています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す