年賀状はいつまでに出す?年明けは?寒中見舞いの文例と喪中の返事まとめ

年賀状 いつまで出せる

年賀状はいつまで出せるものか、いつまでに出すものかご存知でしょうか。

年明けに出すとすれば、いつまでなら失礼にあたらないでしょうか。

社会人になったばかりの人だと、意外と知らないものですよね。

また、年賀状に比べるとあまり馴染みのない寒中見舞いも、いつまで出せるのか知らないことが多いのではないでしょうか。

また、喪中の相手に返事をする場合は、どのような内容を書いたらいいのでしょうか。

そこで今回は、年賀状や寒中見舞いはいつまで出せるのか、年明けでもいいのか、文例もふまえながら、紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

年賀状はいつまで出せる?いつまでに出す?年明けでも良いの?

年賀状 いつまでに出す 年明け

 

年賀状はいつまで出せるか、いつまでに出すものか、年明けでも大丈夫なのか、まとめていきます。

 まず、年賀状はいつまで出せるのか結論を言うと、いつでも出すこと自体は可能です。

しかし、いくらなんでも、お正月以外に出すものではない、これは常識ですね。

 元旦に届くように送るのであれば、12月15日以降~12月25日までにポストに投函すれば大丈夫です。

もしも12月25日を過ぎてしまっても、28日までなら何とか元日に間に合う場合も多いようです。

 

 次に、送っていない人から年賀状が届いた場合は、いつまでに出すものでしょうか、年明け何日まででしたら、失礼にあたらないのでしょうか。

これについては、松の内まで、つまり1月7日までに相手に届けば失礼にはあたりません

 関西地方では、松の内を1月15日としているところも多いようですが、一般的には1月7日のところ多いので、1月7日までに届くように返信をすれば大丈夫です。

そして、年賀状を頂いたお礼の気持ちを、文面で伝えるようにしてください。

また、新年の挨拶が遅くなってしまったことをお詫びするのも、忘れないよう気を付けてください。

年賀状はいつまで出せるのか、年賀状はいつまでに出すのか、年明けはいつまでなら失礼にならないか、もう大丈夫ですね。

元旦に届くためには12月15日から25日までに投函をするようにしてください。

そして、送っていない人から届いたときは1月7日までに届くよう返信を行いましょう。

スポンサーリンク

年賀状と寒中見舞いはいつまで出せる?文例は?喪中の返事はどうする?

寒中見舞い いつまで出せる

 

年賀状や寒中見舞いについて、いつまで出せるのかご存知でしょうか。

年賀状に比べると馴染みのない寒中見舞い、初めて書くという人も多いのではないでしょうか。

「文例などないのかな。」と思う人や、喪中の返事はどうしたらいいのか悩む人も多いと思います。

まず、年賀状と寒中見舞いは、いつまでに出すのがマナーかを説明していきます。

 年賀状については、基本的には元旦に届くように送るのがマナーです。

 送っていない人から年賀状が届いた場合は、1月7日(松の内)までに相手に届くように返信するのがマナーです

 次に寒中見舞いですが、寒中見舞いは1月7日以降、節分までに出すのがマナーですので、覚えておいてください。

 

最後に、寒中見舞いの文例について、喪中の返事の仕方について説明しますので安心してください。

年賀状に比べると、寒中見舞いは書き慣れない人のほうが多いと思います。

 寒中見舞いは、年の瀬に不幸があり、事前に喪中はがきを送れず、年賀状も送ることが出来なかった場合や、喪中はがきを出していなかった人から、年賀状が届いた場合に送ります。

寒中見舞いの文面では、句読点は入れても入れなくてもどっちでも構いません

 

寒中見舞いの文例~喪中の返事の仕方~

寒中見舞い申し上げます 

ご丁寧な寒中見舞いをいただき、ありがとうございます

ご服喪中と伺い、年始のご挨拶は差し控えさせていただきました

寒さが一層厳しい季節でございますが

どうぞ風邪などお召しになられませんようご自愛ください

本年も宜しくお願いいたします

                     平成○○年一月 

 

 

まとめ

年賀状はいつまで出せるか、いつまでに出すのかについては、もう大丈夫ですね。

元旦に届くように12月15日から25日までの間に出すよう心掛けてください。

また、年賀状を送っていない人から届いた場合、返信は年明け7日までに届くように送りましょう。

どうしても7日に間に合わないときは、寒中見舞いとして送るようにしてください。

寒中見舞いについては、1月7日以降、2月3日の節分までに相手に届くように送るのが一般的なマナーです。

文例、喪中の返事の仕方は、よかったら参考にしてみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す