クリスマスのプレゼント交換|500円幼稚園、子供1000円の場合は?

クリスマス プレゼント交換

クリスマス、子供たちの楽しみといえばプレゼント交換です。

幼稚園では500円ぐらいが相場ではないでしょうか。

また、もう少し大きな子供、小学生ぐらいであれば1000円ぐらいが相場ではないでしょうか。

小さな金額だからこそ、他の人がもらって嬉しい素敵なプレゼントを選びたいと考える人が多いのではないでしょうか。

そんな幼稚園や小学生の子供のプレゼント交換できっと喜ばれる商品を紹介していきたいと思いますので、良かったら参考にしてみてください。

スポンサーリンク

クリスマスのプレゼント交換|予算500円の幼稚園の場合は?

クリスマス プレゼント交換 500円 幼稚園

 

クリスマスに子供たちが友達同士でパーティーをするときに、よくするのがプレゼント交換です。

予算は500円ぐらいが、幼稚園児では相場でしょう

そんなクリスマスのプレゼント交換で500円でも幼稚園児に喜ばれる商品を紹介していきたいと思います。

まず、紹介するのが、「コロピカどろだんご制作キット」です。

子供たちが好きな砂場遊びで、よく作られるどろだんご。

粘土と自然の砂を使うことで、転がせば転がすほど輝くだんごを作ることができるセットです

 完成したどろだんごが乾燥すれば、油性ペンで絵を描くことがやシールをはることもできる優れものです。

 

次に紹介するのが、「キットパスきっず」です。

これは何かと言いますと、一言で表現するとクレヨンになります

 しかし、ただのクレヨンではなく、粉のでないクレヨンで、ガラスやホワイトボードに書いても、水ぶきをすることで簡単に消すことができます。

窓にも描くことができるので、子供の楽しみが増えることでしょう。

楽天で探す キットパスきっず

 

そして、最後に紹介するのが「マジッククリスマスツリー」です。

 これは簡単に木を育てることができる優れモノで、子供たちは少しずつ成長していく木に喜ぶことは間違いない人気商品です。

クリスマスのプレゼント交換、500円以内で購入するのは難しいですが、悩みながら購入するのも楽しみの一つでしょう。

幼稚園児であれば500円ぐらいが相場だと思いますので、500円以内で子供が喜ぶ素敵な商品を探しましょう。

スポンサーリンク

クリスマスのプレゼント交換|子供の予算1000円で選ぶもの

クリスマス プレゼント交換 子供 1000円

 

楽しいクリスマス、小学生ともなれば友達同士でクリスマスパーティをしたりすることもあるのではないでしょうか。

そして、そんなクリスマスパーティで定番中の定番と言えば、プレゼント交換です。

小学生の子供でしたら、1,000円ぐらいが相場でしょう

しかし、何をプレゼントしたら喜ばれるのでしょうか、悩むところだと思います。

そんな悩みを解決するために、クリスマスのプレゼント交換を行う子供が1000円でも喜ぶ商品を紹介していきます。

小学生ともなれば、男女差も出てくることでしょう。

そこで男女別の3つずつ紹介していきます。

 

まずは男の子ですが、お勧めなのが簡単にマジシャンになれる「ハンカチーフマジック」です。

家族や友達の前で披露して、人気者になること間違いなしです

楽天で探す ハンカチーフマジック

 

そして、あと2つ紹介するのが、「スライム」と「不思議な貯金箱」です。

  「スライム」は昔からある人気商品で、女の子からしたら「しょーもない。」と思うものですが、男の子は大好きです。

楽天で探す スライム

 

 そして「不思議な貯金箱」は、お金が消える不思議な作りになっているので、男の子の好奇心をくすぐること間違いなしの一品です。

楽天で探す 不思議な貯金箱

 

次に女の子に人気のプレゼントですが、子供用化粧品がたくさん入った「コスメセット」がお勧めです。

楽天で探す コスメセット

オシャレな女の子に喜ばれることは間違いないでしょう

それから、かわいい文房具も人気で自由自在に折り曲げることができる「曲がるえんぴつ」や、ドーナツやスイーツなどの「おもしろ消しゴム」の詰め合わせも女の子には人気です。

クリスマスのプレゼント交換、子供であったら1000円でも素敵なものがたくさんあります。

 

まとめ

クリスマスのプレゼント交換、幼稚園児であれば500円ぐらいが相場と言えます。

小学生ぐらいの子供であれば1000円ぐらいが相場と言えるでしょう。

そして500円であっても、1000円であっても、喜ばれる商品はたくさんあります。

幼稚園ぐらいであれば、男の子でも女の子でも男女差はそれほどないでしょう。

しかし、小学生になれば男の子と女の子の興味は大きく異なります。

迷った時は是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す