ハロウィンに簡単に手作りできるお菓子の作り方。

ハロウィンのお菓子を何か家で作りたいと思い、いろいろ調べてみました。

でも、もともとお菓子などを手作りすることがないので、あまり手の込んだものとか正直作れない私。

ジャックランタンの顔をかたどったパンプキンタルトやパンプキンのシフォンケーキなど、すごく見た目も可愛いのだけど、そこまではさすがにね。

なので、パンプキンクッキーだったらできるかなと思い、作ってみました。

私でも簡単に作れたので、みんなこれならきっと簡単に作れると思いますよ。

スポンサーリンク


パンプキンクッキーの作り方

用意する材料
薄力粉 200g
砂糖 80g
バター 100g
卵 1個
かぼちゃ 200g
他にツールとして、ハロウィンの型抜きやチョコペンを用意。

  薄力粉は、ふるっておきます。

かぼちゃMサイズぐらいで、大体1kgぐらいあるので、1/4カットを使いました。

最近、電子レンジがあれば何でもできるから、すごく便利だなって思います。

  かぼちゃんは種とわたをくりぬいて、レンジで5分ぐらい加熱します。

湯煎しなくても、これで柔らかくできるし、しかも、時間短縮できるところがレンジありがたさですね。

  その後、皮を取って、つぶしていきます。

 バターは予め、常温に戻しておいた方がすぐにできるのだけど、もし戻しておかなかったら、レンジ200Wで3分ぐらい加熱すると柔らかくなりますよ。

  そこに、砂糖、卵と順番に入れて、混ぜ合わせていきます。

薄力粉とかぼちゃも混ぜて、ひとまとめにして、生地づくり。

  全部混ぜ合わせたら、ラップに包んで冷蔵庫で1時間ぐらい寝かします。

寝かし終わったら、小麦粉で打ち粉して、生地を薄く伸ばしていきます。

  次は、型抜きです。

 かぼちゃやこうもり、おばけの型がセットになって売っているものがあるので、それを使ったりすると可愛いですよ。

オーブンを180度で余熱しておき、そこで15分ほど焼きます。

焼きあがったら、これで出来上がりです。

自宅で簡単に作れるパンプキンクッキー

パンプキンクッキーの応用編

そのままでも十分にハロウィンの雰囲気があって可愛いけど、そこにもうひとつだけチョイス。

 パンプキンクッキーを冷ましてから、チョコペンで顔を書いていくと、さらに可愛くなるよ。

かぼちゃをジャックランタンにして、おばけやこうもりにも目と口を書くぐらいのデコレーションなら、簡単にできるのでおすすめです。

  今は100円ショップで可愛い小袋なんかも売っているし、ハロウィンの時期には、ハロウィン用の小袋もあるので、そこに入れて小分けして、配るとすごく喜ばれます。

味はちょっと甘さ控えめかなって思うので、そこは好みに応じて、砂糖の分量を変えてみてくださいね。

スポンサーリンク