ペットを飼うなら、猫がおすすめですよ。

我が家ではもう猫を飼い続けて何年になるんだろう?

私が中学生ぐらいから、ずーっと途切れたことがないので、もう20年以上は飼い続けていると思います。

その間に、見送ったネコちゃんももちろんいるし、新しい出会いがあって、今の子猫ちゃんがいるんですけどね。

こんなに長い間ずっと一緒に過ごしていると、猫のいない生活というのが考えられなくなっています。

なんたって、もう完全に家族の一員ですからね。

スポンサーリンク

家に帰って、猫がいるとほっとするし、触って撫でているとすごく癒されます。

遊んでほしい時は、後ろをずっとついてきて、私の足の周りにすりつけてくるし、それを見てるだけで可愛くて仕方がありません。

猫じゃらしや遊びグッズで遊んであげると、すごく喜んで飛び回っている姿にまた癒されるって感じで、どっちが遊ばれてるのか分からないぐらいです。

寝顔もとっても可愛くて、そんな姿をすぐに写真に撮ってしまいます。

我が家の可愛い子猫

スマホに入っている写真は、我が家の子猫ばかり。

猫は犬と違って、人間に懐きにくいなんて言うけど、私は全然そんなことないと思います。

私が落ち込んでいる時も近寄ってきてくれるし、寝る時も引っ付きたがるし、寂しがりなのがネコちゃんだと思うんです。

そんな姿を見てると、猫は人間のことがすごく好きなんじゃないかな~って思います。

  だから、何かペットを飼いたいという方には、猫好きな私としては、やはり猫をおすすめしたいですね。

何より散歩へ連れて行かなくてもいいし、あまり手間がかからないというか、楽だったりするんですよ。

気になる猫のトイレについて

猫用の砂を敷いたトイレ場所を用意してあげたら、あとは勝手に行ってちゃんとそこでしてくれますよ。

  ただ、最初にトイレの躾だけきちんとしてあげる必要がありますけどね。

猫用の砂とか専用の猫トイレなども、ペットショップなどで1,000円前後で売っています。

中に入れる脱臭サンドも、4Lで1,200円ぐらいで、2Lなら650円ぐらい。

我が家ではアイリスオーヤマから出てる1週間取替えいらずのものを使っていますが、2Lで約1ヶ月分ですね。

2匹いるので、もう少し取り替えるサイクルが早い場合だと、4Lで1か月~1か月半ぐらい使っているかも。

猫のご飯と費用について

犬と違って猫は、決まった時間に食べるというわけでもなく、ドライフードを置いておくと、食べたい時に少しずつ食べるという感じです。

朝と夜だけ缶詰のフードをあげていますが、少食なので、そんなに予算もかかりません。

缶詰のフードもスーパーの特価の時だと、3缶で200円ぐらいで買えることもあるので、まとめ買いしてます。

ドライフードも、2kgで580円なんていう時もあります。

2kgもあったら、1か月は十分に持ちますよ。

なので、1か月分のご飯代を合計すると、缶詰が1日2缶ぐらい食べるので、1缶が約70円×2缶×30日で、4,200円。

それと、ドライフードが600円として、食費だけの合計で4,800円になります。

トイレの脱臭サンドと合計しても、1か月の費用は約6,000円ぐらいと考えていたらいいと思います。

まとめ

うさぎのようなペットだと、外出する時の温度とかも気にしないと行けませんが、猫は1日中留守にしていても、心配ないので安心です。

家にいる時に観察していると、ほとんど横になって寝ていることが多いですね。

1日の中で一体何時間ぐらい寝ているんだろう?って思うぐらいです。

  寝ている時間が多いし、ほとんど手間がかからないので、一人暮らしでも猫はペットとして飼いやすいのでおすすめだと思います。

でも、猫をペットとして飼うなら、最後まで責任を持って育ててあげてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク