子供が鼻づまりや鼻水で息苦しくて眠れない時に効果的な方法とは?

子供が鼻づまりや鼻水で寝苦しそうだと見ていて可哀想になりますよね。

それに鼻が詰まると口呼吸になるので寝付きも悪くなるし、赤ちゃんだと一晩中泣き止まないってこともあります。

でも、そんな子どもの鼻づまりや鼻水が、ちょっとした方法で治療できるそうなんです。

そこで今回は、子供が鼻づまりや鼻水で息苦しい時や眠れない時に鼻を通す効果的な方法などについて紹介していきましょう。

スポンサーリンク

子供の鼻づまりや鼻水を治す方法

子供が鼻づまりや鼻水で苦しい時の治し方

寒い日もあれば暖かい日もあるなど、季節の変わり目には風邪やインフルエンザなどにかかりやすいですよね。

子どもが風邪やインフルエンザにかかると鼻づまりや鼻水で苦しそうで、何とか呼吸がしやすいように鼻を通してあげたいものです。

実は、そんな子供の鼻づまりや鼻水をサッと治す簡単な方法があったのです

それは下記のように3つの解消方法があります。

● しょうが湯を使う方法

● 長ねぎを使う方法

● 大根おろしの汁を使う方法

どれも家庭で簡単にできますから一度試してみてください。

それぞれのやり方を詳しく説明していきますね。

スポンサーリンク

しょうが湯を使う方法

 子供の鼻づまりや鼻水をしょうが湯を使って治すやり方を説明しましょう。

 まず始めにお湯を沸かし、そこにすりおろしたショウガを加えてしょうが湯を作ります。

子供の鼻づまりや鼻水には生姜湯が効きます

 タオルを1枚小さく折って、それをショウガ湯に付けてしぼります。

 そのタオルを鼻の穴がふさがらないように注意しながら、鼻の根元に置いて温めます。

しょうが湯に付けたタオルが冷めてきたら、また温かいしょうが湯に付け、これを1日に2回~3回ぐらい繰り返しましょう

そうすると、子供の鼻づまりや鼻水はおどろく程ス~ッと通ります。

もちろん、子どもだけでなく、大人でもこの方法は効果がありますよ

 

長ねぎを使う方法

もうひとつは、子供の鼻づまりや鼻水を長ネギを使って治すやり方です。

 まず最初に、白い根の部分のある長ネギを用意します。

子供の鼻づまりや鼻水には長ネギも効果があります

 次にその長ねぎの白い根の部分をはぎ取ります。

 そのはぎ取った長ねぎの白い根の部分を鼻の根元に貼るだけです。

しばらくすると、今までズルズルだった鼻水や鼻づまりがあっという間に通りますよ。

 

大根おろしの汁を使う方法

最後に、大根おろしの汁を使って子供の鼻づまりや鼻水を治すやり方を説明しましょう。

 大根を3センチぐらい用意します。

子供の鼻づまりや鼻水を大根おろしで治す方法もあります

 その大根をおろし器にかけて、大根おろしを作ります。

 その大根おろしをしぼって、しぼり汁を作ります。

 その大根おろしのしぼり汁をスポットで取り、鼻づまりの鼻の中に1滴~2滴ぐらい落とすだけです。

 しょうが湯を染み込ませたタオルや長ネギの白い部分を鼻に置いたり貼ったりする方法は、赤ちゃんだと違和感があって嫌がることもあります。

しかし、この大根おろしのしぼり汁を使う方法だとより簡単に鼻づまりや鼻水を通してくれると思いますよ。

 

まとめ

今回は子供が鼻づまりや鼻水で息苦しい時や眠れない時などに鼻を通す効果的な方法について紹介しました。

子供が鼻水を垂らしているのをいつまでも放っておくと、本当に風邪を引いてしまうことになりまねません。

また、子どもの場合だと鼻水や鼻づまりが原因で中耳炎などの病気を引き起こしてしまう可能性もあります。

そうなる前に、子どもが鼻が詰まって口呼吸になってるし、その呼吸もすごく苦しそうになってたら、今回紹介した鼻を通す解消方法を試してみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す