七五三の由来と衣装や写真の予約は時期をずらすのも一つの方法。

7歳、5歳、3歳と子どもの成長を祝う七五三。

ずっと続いてきた日本の伝統的な行事だよね。

それは知っているのだけど、どうしてその年なのかという、年齢の由来については、正直あまり知らなかった。

そんなこと今まで考えたことなかったな。

もともと始まりは、徳川綱吉の長男の健康をお祝いし、1681年に始まったみたいです

スポンサーリンク


七五三の由来とは?

七五三 由来

 3歳は髪置(かみおき)と言われ、この日を境に髪を伸ばし始めたということなんだって。

3歳は男女ともお祝いだよね。

 5歳は袴着(はかまぎ)と言われ、男児が初めて袴を着るという儀式から来てるみたい。

 7歳は帯解(おびとき)と言われ、女児が今で着けていた、幼児用の付紐から、大人用の帯を締める儀式から来ているそうです。

そんな七五三だけど、その当日は家族で神社に参拝したり、記念撮影をしたりと、行事もたっぷり。

七五三の衣装と記念写真の予約について

子どもに着せてあげる衣装も考えないといけないし、レンタルするなら、早めにしておいた方がいいと思うよ。

買ってもいいのだけど、子どもの場合は成長するから、すぐにサイズが合わなくなってしまったりするので、レンタルが一番いいかなと思う

七五三のお祝いは、一般的には11月15日だけど、11月の土日は、レンタル衣装も記念写真の撮影もかなり混み合うのを覚悟しないとだよ。

しかも、レンタル料も高いんだよね、その時期になると。

なので、時期をずらすというのも一つの方法なと思う。

11月に拘らず、10月に早めの写真撮影とお参りを済ませてしまうというのもいいなと思うよ。

早めにする方が、着物やドレスなども種類を選べるし、何よりも予算を少しでも抑えられるのが魅力的かなと思うよ。

写真館の値段の相場としては、大体7000円ぐらいかな。

写真館によっては、早めから新聞チラシや割引クーポンを出している写真館もありるので要チェック。

そういうものを利用するとさらにお得かなと。

時期は早めにするとして、じゃあ、いつぐらいにその予約を入れたらいいのか?だよね。

1年前ぐらいから予約する方もいると聞くけど、そんなに早くなくていいと思うよ。

衣装のサイズも1年も経てば、体が少し大きくなってしまっていることもあるからね。

  半年前だと少し早いし、4ヶ月前の6月ぐらいの予約で十分間に合うかなと思うよ。

絶対に11月にと思われているわけではないのであれば、時期をずらす方がいいかなと。

せっかくの子どもの大切なお祝いなので、みすぼらしいのはいやで、でも、予算もあまり余裕がないというのが私の正直な気持ちでした。

折角の七五三だから、自分のできる範囲でたっぷりとお祝いしてあげたいよね。

スポンサーリンク

 

コメントを残す