群馬フラワーパークのイルミネーションの混雑状況!行き方は?

群馬フラワーパークは赤城山の南麓にあって、県内でも有数の大規模施設なんですよ。

そんな群馬フラワーパークでは、毎年イルミネーションが開催され、日本夜景遺産(ライトアップ部門)にも認定されています。

私も去年行って、そのイルミネーションの凄さと夜景のきれいさには感動しましたよ。

そこで今回は、ぐんまフラワーパークのイルミネーションの混雑状況や行き方などについて紹介していきます。

スポンサーリンク

群馬フラワーパークのイルミネーションの混雑状況は?

ぐんまフラワーパークのイルミネーションの混雑状況

気になる群馬フラワーパークのイルミネーションの混雑状況を紹介しましょう。

 

 ぐんまフラワーパークでは、クリスマスの時期だけは混雑します。

しかし、それ以外の時期なら土日でもそれほど混雑しないという、実は穴場のスポットなんですよ

敷地面積も広いので、人混みでぎゅうぎゅうでイルミネーションが見えないなんてことが滅多とないんです。

なので、いつの時期に行っても、ゆっくりと自分たちのペースでイルミネーションを楽しむことができますよ。

 

 ただし、イルミネーションの点灯時間が日没からなので、その時間に合わせて行かれる方が多いです。

そのため、17時~18時頃は多少は混雑するかもしれません。

なので、その時間を避けて行けば混雑に巻き込まれることもありませんよ。

 

逆に反対に早めに行って、日中はフラワーパーク園内を散策するというのも一つの楽しみ方ですね。

あとは、イルミネーションが終わりかけの20時頃に行くのもおすすめですよ

スポンサーリンク

群馬フラワーパークのイルミネーションへの行き方は?

群馬フラワーパークへのアクセス方法を紹介しましょう。

 

電車・バスで行く場合

最寄り駅は、上毛電鉄「大胡駅」です。

 「大胡駅」に行くには、JR両毛線「前橋駅」から上毛電鉄「中央前橋駅」に乗り換えてから行きます。

しかも、前橋駅から中央前橋駅までは歩ける範囲ではありませんので、シャトルバスに乗って行かないといけません。

シャトルバスに乗って約10分で到着します。

ただし、バスは30分に1本ぐらいしかありませんので、あまり便利とは言えませんが・・・

 大胡駅から群馬フラワーパークへは、タクシーか、ふるさとバス(デマンドバス)に乗ります。

ふるさとバスは、自分で電話して予約をしないといけません

到着したら、予約の電話をして、乗車するバス停と降車するバス停(群馬フラワーパーク)、それと人数を伝えましょう。

予約電話:027-283-3122

ふるさとバスで約15分です。

公共交通機関で行くには、ちょっと不便というイメージですね。

 

車で行く場合

 北関東自動車道からは、伊勢崎ICで下りて、前橋・渋川方面に約15km走ります。(約30分)

 関越自動車道からは、高崎ICで下りて、伊勢崎方面に約20km走ります。(約40分)

または、赤城ICで下りて、前橋・赤城方面に約22km走ります。(約30分)

 東北自動車道からは、佐野・藤岡ICで下りて、佐野方面に約55km走ります。(約90分)

 

ぐんまフラワーパークの駐車場は、約500台ぐらいとめることができ、駐車料金は無料です。

これだけ大きいので混雑してもとめられないということはないです。

でも、日曜や祝日などは車で来る人が多いので混雑して、駐車場に停めるまで少し時間がかかることもあります。

 

まとめ

群馬フラワーパークのイルミネーションは、クリスマス時期以外は土日でも混雑してないので比較的ゆっくりと見ることができます。

これは結構穴場のイルミネーションスポットですよ。

私も土曜日に行きましたが、ほとんど混雑することなく、ゆっくりと堪能することができました。

でも、電車で行くにはアクセスが少し不便です。

なので、できれば車で行かれることをおすすめします。

 

 一緒に読むと参考になる情報!

>> 群馬フラワーパークのイルミネーションの口コミ!期間と時間は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す