養老渓谷の紅葉の見頃はいつ?ライトアップ日時や混雑状況は?

この秋、少し都心から離れた所へ紅葉を見に行くなら、千葉の養老渓谷がおすすめです。

会社の30代男性も養老渓谷で紅葉デートを考えているようでした。

なので、日々の仕事や都会の風景を忘れ、ハイキングがてらに行ってみることをおすすめしてみました。

そんな養老渓谷の紅葉の見頃はいつなのか、ライトアップ日時や混雑状況などについて紹介しましょう。

スポンサーリンク

養老渓谷の紅葉の見頃はいつ?

千葉県大多喜町にある養老渓谷には整備されたハイキングコースもあり、都心から気軽に行けることで人気の高いスポットなんです。

秋になると養老渓谷の周辺一帯が紅葉し、紅葉狩りで訪れる人で賑わう紅葉の名所のひとつです。

粟又の滝、筒森もみじ谷、中瀬遊歩道など多くの紅葉スポットがありますよ

川沿いで紅葉を鑑賞するのもよし、また、遊歩道を歩きながらもみじ谷の紅葉を鑑賞するのもおすすめです。

 

 養老渓谷の紅葉の見頃は、11月下旬~12月上旬です。

今年であれば11月21日・22日と28日・29日の週末が一番の見頃ですね

山間部ですので、他の所に比べると紅葉し始めるのが少し遅く、例年11月中旬ぐらいから少しずつ色づき始めます。

モミジ、カエデ、ウルシ、ナラといった紅葉する木々が多く、木々によって紅葉も前後しますので、12月上旬ぐらいまで楽しむことができますよ。

なので、全てが色づいているのを見るには、やはり11月下旬が見頃ですね。

 

養老渓谷の紅葉

 

養老渓谷の紅葉のライトアップ日時は?

養老渓谷の紅葉の時期は、毎年ライトアップも楽しむことができます。

夜の暗い世界に光で照らされた紅葉が浮かびあがって、すごく幻想的なんです。

 

 ライトアップの期間は、11月下旬~12月上旬にかけて行われます。

時間は、日没17時~21時30分の予定です

 

ライトアップされる場所は3箇所あります。

粟又の滝

老川十字路

中瀬遊歩道

昼の粟又の滝の紅葉も好きですが、夜のライトアップはまた別世界で素敵な光景です。

ライトアップなら、粟又の滝ははずせませんよ

 

昼の紅葉と同じく、ライトアップもとても人気がありますので混雑します。

なので、少し遅めの20時過ぎぐらいに行くとゆっくりと見れますよ

ただし、この時期の渓谷ですので多少の防寒対策も必要です。

 

養老渓谷の紅葉 粟又の滝のライトアップ

スポンサーリンク

養老渓谷の紅葉の混雑状況は?

11月23日には、養老渓谷もみじまつりも開催されます。

野菜の直売や餅つきの実演販売や豚汁の販売など、秋の旬の味覚が楽しめるイベントも満載なんですよ。

食も楽しみながら、紅葉のきれいな景色を楽しむことができるので、この日はかなり混雑しそうですね。

特に紅葉シーズンの11月下旬から12月上旬にかけては、混雑を覚悟しておいた方がいいでしょう。

 

車まで行く場合は、国道32号や県道81号から行くことになるのですが、この81号線の渋滞がひどいです。

休日や休み前日は大渋滞になることもあります

ただし、雨の日は比較的に空いていますが、お天気の良い日となると車が動かなくなる程の渋滞なんですよね。

 特に10時~15時頃まで時間帯の老川十字路から粟又の滝に向かう道はすごいことになります。

なかなか平日には行けませんから必然と休日になりますが、早朝から行くなど、混雑する時間帯を避けた方がいいでしょう。

できるだけ電車で行くことをおすすめします

 

養老渓谷へのアクセス方法

車で行く場合

館山道市原ICから国道297号を経由し約36km、1時間ほど走ります。

電車・バスの場合

小湊鉄道「養老渓谷駅」が最寄駅です。

そこから、小湊バス「粟又の滝」行きに乗り約20分の「粟又の滝」で下車し、徒歩で約10分です。

まとめ

養老渓谷の紅葉は、京都の寺院などの紅葉とは異なり、まさに自然の世界の中の紅葉といった感じです。

ハイキングがてら、紅葉を楽しみに休日に出かけてみるのもおすすめです。

紅葉シーズの休日は、周辺道路が混雑しますので、もし車で行くなら早朝をおすすめします。

または、夕方頃から出かけ、夜のライトアップを楽しむというのもありです。

今年の秋は、ぜひ計画してみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す