結婚式で読む両親への手紙の書き方や長さとは?合う曲は何?

近々結婚式を迎える新郎新婦の方、おめでとうございます!

結婚式と言えば、花嫁からの両親への手紙を読むのが定番の演出ですよね。

聞いているこちらもうるっときますし、感動のシーンです。

でも、折角の両親への手紙も書き方のポイントを押さえてないと気持ちが伝わりません。

そこで今回は、結婚式で読む両親への手紙の書き方のポイントや例文、手紙の長さはどれくらいが良いのか、よく合うBGM曲などについて紹介していきます。

スポンサーリンク


結婚式で読む両親への手紙の書き方とは?

結婚式 両親への手紙 書き方

 花嫁が結婚式で読む両親への手紙で一番伝えたい大切なことは、素直な感謝の気持ちです。

しかし、自分の言いたいことや思っていることをただ書き連ねてしまうと内容もまとまらず、会場の雰囲気もしらけさせてしまいます。

そこで、両親への手紙の書き方のポイントと注意点を紹介しましょう。

 まず、難しい言葉を並べず、飾らない自分の言葉で素直な気持ちを伝える方が心に響きます。

 そして、エピソードはあれもこれもと欲張らず、1つぐらいにまとめましょう。

 たくさんのゲストがいるのですから、自分たちだけがわかるような身内ネタだけにならないようにも注意しましょう。

また、その場には自分の両親だけではなく、新郎の両親もいます

 新郎の両親への感謝の気持ちも忘れないようにしましょう。

よくあるのが母親への感謝ばかりを伝えてしまうケースです

 今まで育ててくださった父親への感謝も同じくらい伝えましょう。

 

【結婚式で読む両親への手紙の例文】

書き出し

お父さん、お母さん、○○年間、今まで私を育てていただいて本当にありがとうございました。

今日のよき日を無事に迎えることができたのは、お父さんとお母さんのおかげです。

 

本文の内容(エピソードを書きましょう)

・子供の頃、家族旅行した時の思い出や学校行事などの思い出

・けんかしたり困らせたことなどのエピソードなど

一番心に残っているものをひとつに絞り、簡潔にまとめましょう

 

終り方

たくさんの思い出を胸に、私はこれから○○さんと二人で歩んでいきます。

長い間、私のことを育ててくれて本当にありがとうございました。

○○さんのお義父さん、お義母さん、私たちの結婚を応援してくださり、ありがとうごさいました。

頼りない私ですが、これからは○○さんと助け合いながら、明るく幸せな家庭を築いていきます。

私たちの新しい門出をたくさんの方々に祝っていただき、とても幸せに思います。

これからもどうぞ温かく見守ってください。

どうかよろしくお願いいたします。

 

 手紙の書き出しは、お父さん、お母さんという呼びかけから始めるのが一般的です。

そして、今まで育てていただいて本当にありがとうという感謝の気持ちを伝え、思い出やエピソードへとつなげていきましょう。

 また、終わり方のポイントは、新郎とその両親へのこれからよろしくというメッセージとゲストへのお礼の言葉で締めくくりましょう。

今日を迎えられた感謝気持ちとともに、これからも見守っていただけるようお願いの言葉を添えてもいいでしょう。

 

結婚式で読む両親への手紙の長さはどれくらい?

 花嫁が結婚式で読む両親への手紙は、あまり長くならないように注意しましょう。

改めて両親への感謝の気持ちを伝えるとなると、今までのいろんなことを盛り込んでしまうかもしれません。

でも、長く、だらだらとなってしまったら、せっかくの感動シーンも台無しです。

それに、ゲストも退屈してしまいます。

 

手紙の長さとしては、文字数でいうと大体600~700字ぐらいにまとめましょう。

朗読時間にすると、2~3分ぐらいの長さが丁度いいです

 

そして、手紙を読む時は心地よいリズムやテンポを意識しましょう。

 大きな声で「はっきりとゆっくりと」がポイントです。

緊張するとどうしても早口になったり、小声になってしまいます。

なので、ゆっくりと心を落ち着かせてから読むようにしましょう。

スポンサーリンク


結婚式で両親への手紙に合う曲とは?

結婚式で両親への手紙を読む際には、BGMも欠かせません

 ただし、手紙の朗読がメインですから、その邪魔にならないように歌の入っていないインスト曲がおすすめです。

そんなBGMのおすすめを最近のヒット曲から選んでみました。

 綾香「ありがとうの輪

 いきものがかり「ありがとう

 AI「ママへ

 秦基博「ひまわりの約束

 福山雅治「家族になろうよ

 小田和正「ことばにできない

 中島みゆき「

 The Carpenters「Yesterday Once More

それぞれの曲のメロディーを思い浮かべてみてください。

それがインスト曲やオルゴールバージョンなどになっていると、さらに雰囲気がありますよね。

 

 曲選びのポイントは、泣ける曲や感謝を歌った曲、家族のことを歌った曲など、感動を誘う曲などを選ぶようにすることです。

また、両親との思い出の曲を選んでみるというのもポイントの一つですね。

ちなみに、おすすめ曲に洋楽も1曲入れてみましたが、個人的には邦楽の方がおすすめですよ。

 

まとめ

結婚式での両親への手紙では、両親への感謝の気持ち、まつわるエピソードや思い出、そして、新郎の両親への感謝の気持ち、ゲストへの感謝の気持ちを伝えましょう。

だらだらと書くのではなく、簡潔にまとめることが大切です。

文字数は600~700字ぐらい、そして、2~3分で読み終えるくらいにしましょう。

そして、手紙の感動をさらに演出してくれるようなBGM曲を選んでみてくださいね。

 

 一緒に読むと参考になる情報!

>> 結婚式の両親へのプレゼントは何がおすすめ?相場やメッセージは?

>> 結婚式の両親の服装は洋装と和装のどっち?両家で合わせる?

スポンサーリンク

 

コメントを残す