赤ちゃんのアトピー肌のスキンケアはどうする?ステロイドは使い続けるべきか?

友人に生後6ヶ月の赤ちゃん(男の子)がいるのですが、アトピーですごく悩んでいます。

最近、特にアトピーの症状がひどく、夜もかゆくて、激しくかきむしってしまうそうです。

かゆみのため中々寝ることができず、目を覚まして大泣きすると言っていました。

小児科でステロイドを処方されたようですが、ステロイド依存になるのが怖くて、このまま使い続けていいものか悩んでいました。

そこで今回は、赤ちゃんのアトピー肌のスキンケアやステロイドは使い続けても良いのか、お風呂での入浴剤などについて、紹介していきましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんのアトピー肌のスキンケアはどうする?

赤ちゃんの肌は、バリア機能が未熟なため、刺激や乾燥にすごく弱いです。

赤ちゃんの赤く炎症してかゆそうなアトピー肌を見るのは、お母さんも辛いですよね。

そこで、カサカサと乾燥した赤ちゃんのアトピー肌に、有効なスキンケア方法を紹介しましょう。

 

  毎日、アトピー用の石鹸で体や顔を洗ってあげましょう

赤ちゃんは新陳代謝が良いので、よく汗をかきます。

でも、汗をかくと皮膚に細菌が繁殖し、炎症が起きやすくなるんですよね。

毎日、お風呂でしっかりと石鹸で汗と細菌を洗い流してあげることが大切です。

でも、赤ちゃんの肌はすごくデリケートですから、強く擦り過ぎないように注意して、優しく洗ってあげましょう。

 

  洗った後は、しっかりと保湿しましょう

アトピーで乾燥した肌には、保湿が必要です。

朝とお風呂に入れた後に、保湿剤を塗ってあげましょう。

保湿剤には色々な種類のものがありますので、赤ちゃんに合ったものを選んであげてください。

 

  紫外線防止対策をしましょう

紫外線による日焼けは、アトピーの赤ちゃんの肌にダメージを与えてしまいます。

外出する時は、大人の日焼け対策と同様、日焼け止めクリームを塗ったり、肌を日光に晒さないようにカバーするなど、紫外線対策をしましょう。

 

赤ちゃんのアトピーでステロイドは使い続けるべきか?

アトピー肌の赤ちゃんに、ステロイドを使うのは心配というお母様が多いですよね。

友人もステロイドを使い続けることに、ちょっと抵抗があるようでした。

 強い内服タイプのステロイドを使うのは、副作用が少し心配ですが、塗るタイプの外用薬を数ヶ月使い続けるくらいであれば、特に問題はないと知り合いの医師が言ってました。

しかも、短期集中でアトピーによるかゆみや炎症を抑えてあげるためには、ステロイドは効果的なんだそうです。

逆に、かゆくてかきむしって、だんだん肌がぼろぼろになっていく赤ちゃんを見ている方が辛いですよね。

 

 スキンケアだけでアトピーの症状が良くなっていくのであれば、それに越したことはないですが、良くならないのであれば、ステロイドで抑えてあげる方が改善への近道です。

赤ちゃんのアトピーは、成長するにつれて肌のバリア機能がしっかりとしていき、症状が軽くなっていくと言われています。

なので、ステロイドを使い続けると言っても、永遠に使い続けなければいけないわけではないので安心してください。

 

赤ちゃんのアトピー用の入浴剤ってあるの?

アトピーの赤ちゃんでも大丈夫な入浴剤としては、アロマを使った華密恋(カミツレン)というものがあります。

 アロマオイルには、カモミールが使われていて、保湿や消炎、抗アレルギー作用、沈静作用があるそうです。

「華密恋」は新生児にも大丈夫と言われていますので、アトピーの赤ちゃんにも安心して使えますよ。

また、血行を良くしてくれる働きもあり、冷え性であることが多いアトピーの赤ちゃんには嬉しい入浴剤です。

湯冷めにも効果がありそうです。

まとめ

赤ちゃんのアトピー肌の対策について紹介してきました。

毎日、お風呂で石鹸で優しく体を洗ってあげ、清潔に保ってあげましょう。

そして、何よりも大切なのが保湿ケア。

お風呂にも入浴剤を使い、お風呂上りはしっかりと保湿を。

それだけではあまり効果がない時は、ステロイドを使いながら、早く治してあげるようにしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す