冬痩せて夏太りやすい原因とは?むくみを解消するダイエット対策!

夏になるとバテてあまり食べられなくなり、痩せる方もたくさんいますが、反対に夏太りするという方もいますよね。

お腹が張っているような感じがしたり、何となく身体がだる重く感じたり…。

私もそうなんですが、友人も冬痩せして夏太りするタイプなんです。

特に下半身のむくみが酷いって、悩んでいました。

スポンサーリンク

冬痩せて夏太りやすい原因とは?

汗をたくさんかく夏の方が痩せやすく、寒くて身体が縮こまり、温かいところでじっとしている冬の方が太りやすいというイメージがありませんか。

でも、それは逆で、実は夏の方が太りやすいんです。

 

  冬痩せて夏太りしやすい原因

  それは、夏は体の基礎代謝が下がっているからなのです。

寒い冬は、身体の体温を一定に保つために体内で熱を作り出そうとしているので、基礎代謝も上がります。

でも、暑い夏の場合は、その熱を作り出すエネルギーをあまり必要としないので、基礎代謝が下がります。

基礎代謝が下がっているということは、要するに太りやすいということです。

 

  そして、夏太りのもう一つの原因は、冷たい飲み物をたくさん飲んだり、クーラーの効いた部屋で身体を冷やしてしまうことです。

身体を冷やすと、さらに基礎代謝が下がり、より太りやすい状況にしてしまいますよ。

スポンサーリンク

夏太りのむくみを解消する方法

友人の夏太りは、下半身のむくみが酷いって言っていましたが、そもそもむくみの原因とは何なのか…。

それは、冷たい物の摂り過ぎにあります。

夏は暑さのせいで、ついつい冷たいお茶やジュース、アイスクリーム、食べ物もそうめんなどの冷たい物を取りがちになってしまいます。

こうして必要以上に水分を摂り過ぎることにより、身体のむくみやだるさを引き起こしてしまうのです。

 

  夏太りのむくみを解消する方法

  それは、熱いものを食べることです。

暑い時こそ熱い物を食べた(飲んだ)方がいいと言われますが、その通りなんですよね。

そして、熱い時にカレーライスや温かいうどん、そばなどを食べると、汗をいっぱいかきます。

でも、この汗がいいんですよ。

汗をかくと、体内の余分な水分や塩分が外へ出ていき、むくみが取れます

 

 

  そして、熱い物を食べると内臓の働きも活発になり、代謝も上がりますので脂肪が燃えやすくなるんです。

喉が渇いて、冷たい水をがぶがぶと一気に飲みたくなるかもしれませんが、ここはぐっとこらえて熱いお茶を、と言いたいところですが。

せめて、常温のままで飲むようにしましょう。

 

夏太りに効くダイエット対策とは?

なぜ夏太りするのか、原因がわかりましたよね。

では、夏太りに効果的なダイエット対策も紹介していきましょう。

 

基礎代謝を上げるためには、やはり適度な運動が必要です

でも、夏の熱い炎天下の中でのジョギングやウォーキングは、熱中症になる可能性があり、危険行為です。

なので、少し涼しくなってきた夕方や夜のウォーキングがおすすめです。

夕食を食べ終わってから30分後ぐらいに、20~30分ぐらいゆっくりと歩くだけでいいです。

それだけでも全然変わってきますよ。

 

また、家の中でできる簡単な筋トレも効果的ですよ。

お腹や腰回りを引き締めるようなヨガのポーズを2、3ポーズとってみましょう。

さらに、腹筋運動もいいですよ。

筋トレは体の基礎代謝を上げてくれます。

夏太りのダイエット対策として、毎日生活の中に適度な運動を取り入れていきましょう。

 

まとめ

冬よりも夏の方が太りやすいといのは、正直、私も少し意外でした。

夏太りやむくみの原因は、夏の方が基礎代謝が下がっているのに、冷たい物の摂り過ぎなんですよね。

なので、夏だからこそ熱い物を摂り、水分補給は常温の水をこまめに摂るようにしていきましょう。

毎日の適度な運動も忘れずにね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す